logo

NASAが発見した地球サイズの7惑星ってどんなもの?--画像で見る

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年02月23日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)は、未来の旅行者(入植者の可能性も)がTRAPPIST-1系を訪れる様子を描いたこの幻想的な旅行ポスターを作成した。天文学者によると、TRAPPIST-1には地球サイズの惑星が7つあり、それらの惑星には水が存在する可能性もあるという。地球から39光年しか離れていないので、太陽系以外で生命が見つかる可能性が最も高いと科学者は述べている。
Scroll Right Scroll Left

 米航空宇宙局(NASA)は、未来の旅行者(入植者の可能性も)がTRAPPIST-1系を訪れる様子を描いたこの幻想的な旅行ポスターを作成した。天文学者によると、TRAPPIST-1には地球サイズの惑星が7つあり、それらの惑星には水が存在する可能性もあるという。地球から39光年しか離れていないので、太陽系以外で生命が見つかる可能性が最も高いと科学者は述べている。

提供: NASA

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]