logo

「Raspberry Pi Zero」の国内販売スタート--価格は税別650円

山川晶之 (編集部)2017年02月22日 15時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケイエスワイは2月21日、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi Zero(ラズベリーパイ ゼロ)」の取り扱いを開始したと発表した。希望小売価格は650円(税別)。2月24日夕方以降から発売予定で、1人1点の限定販売となる。

「Raspberry Pi Zero」
「Raspberry Pi Zero」

 Raspberry Pi Zeroは、2015年11月27日に「Raspberry Pi Foundation」が発表したARMプロセッサ搭載のシングルボードコンピュータ。5ドルという低価格が特徴で、Raspberry Piシリーズへの入門モデルという位置づけから、既存モデルとは異なる供給マーケットや流通の関係上、一部の国での発売にとどまっていた。

 CPUは1GHzのシングルARMコアで、メモリは512MB。ストレージ用としてmicro SDスロットを搭載。インターフェースは、mini HDMI、On-The-Goに対応したmicro USBポート、給電用のmicro USBポート、40ピンのGPIOピンヘッダなどを搭載している。

 日本国内では、Raspberry Piの本来のターゲットである教育分野、小中学生への浸透が英国などに比べ遅れているという。そこで、より低価格で扱いやすく、コンピュータテクノロジやプログラミングを体験できるモデルとして、国内販売を決定したという。

-PR-企画特集