logo

ソニー、動きを音にする「MOTION SONIC PROJECT」がパフォーマンスムービー公開

加納恵 (編集部)2017年02月20日 18時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーの若手エンジニアが「人と音の関係をリデザインする」をコンセプトに開発した「MOTION SONIC PROJECT」が、パフォーマンスムービーを公開した。体の動きに合わせて音を変えるという独自の世界が見られる。


 MOTION SONIC PROJECTは、リストバンドとモジュールを組み合わせた形で、装着して腕を動かすと、速度や腕の振りによって音が変化する新型ガジェット。2016年の「TOKYO DESIGN WEEK 2016」で、プロトタイプとして公開した。

 マイクと6軸センサを内蔵し、動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報から体の動きを音に変え、音楽を操ることが可能。パフォーマンスムービーでは、実験機ver.4.0を使い、動きで音楽を生むダンスパフォーマンス作り出す。

 ムービーに登場するのは、ダンスチームのs**t kingz、ベーシストのJuna(from SORAMIMI)、DJ IZOHなど。「身体感覚と音表現の完全なシンクロ」を目指す。

-PR-企画特集