logo

次期「iPhone」は全モデルでワイヤレス充電に対応か

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年02月13日 12時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの次期「iPhone」について、通常の2モデルではなく3モデルとなり、そのうちの1つは超ハイエンドモデルで、米国での価格は1000ドル近くになるとのうわさが流れている。

 このほどMacRumorsがKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の話として報じたところによると、3モデルの新型iPhoneのすべてで、全面ガラスの筐体だけでなく、ワイヤレス充電機能とOLEDディスプレイも採用されるという。

 ワイヤレス充電機能はスマートフォンの内部温度を上昇させるので、Appleは「追加のグラファイトシートラミネーション」を備える新しい「3D Touch」モジュールを新型iPhoneに搭載して、本体の過熱と故障を防止する予定だとKuo氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集