カプコンの音声合成キャラクター「ツクモ」が“声優”に--事務所に所属

佐藤和也 (編集部)2017年02月09日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンは2月9日、同社のニンテンドー3DS用ソフト「めがみめぐり」に登場する、音声合成でしゃべるキャラクター「ツクモ」が、響が運営する声優事務所「」に“音声合成声優”として所属したと発表した。

  • 音声合成声優のツクモ

    (C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

 めがみめぐりは、交通系ICカードとの連動要素や合成音声を活用したキャラクターとのコミュニケーションが楽しめるソフトとして配信。ツクモは、プレーヤーの交通系ICカードに宿った新米のツクモガミとして登場するキャラクターで、声は東芝の音声合成エンジン「ToSpeak G3」をベースに、カプコンと東芝によって開発された「めがみスピークエンジン」という人工音声合成システムを活用。肉声に近い合成音声でしゃべるのが特徴となっている。また響は、トレーディングカードゲームなどを展開するブシロードのグループ企業で、三森すずこさんをはじめ、ツクモのベースの声を担当した伊藤彩沙さんら声優が所属している。

 響のサイト内には、ツクモのサンプルボイスなども用意され、早口言葉などを聴くことができる。また2月9日深夜に放送する「HiBiKi Radio Station」のテレビCMのナレーションを、ツクモが担当するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加