パイオニアとHERE、自動運転時代へ向け地図と位置情報サービスで提携

加納恵 (編集部)2017年02月08日 16時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアとオランダの地図プロバイダーであるHEREは2月8日、次世代位置情報サービスについて提携したと発表した。それぞれが保有する地図と自動車関連技術などを組み合わせ、グローバルな標準地図の相互提供と自動運転用高精度地図ソリューションの提供に向けた取り組みを進めていくという。

 具体的にはHEREとパイオニアの100%子会社であるインクリメント・ピーが保有する地図データを相互利用していく計画。HEREは、インクリメントPの日本向けナビゲーション地図データを利用し、グローバル地図サービスとして提供できるようになる。

 両社は、パイオニアの走行空間センサ「3D-LiDAR」技術を活用し、自動運転用地図の更新、運用をする「データエコシステム」でも開発検討を実施している。

HEREとパイオニアの新しい協業イメージ
HEREとパイオニアの新しい協業イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加