グーグルに米国外の電子メールデータ提出命令--MSの判例と逆

Michelle Meyers (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年02月06日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦地方裁判所の判事がGoogleに対し、米国外のサーバに保存されている顧客の電子メールを米連邦捜査局(FBI)の捜査令状に従って引き渡すよう、米国時間2月3日に命じたと報じられている。

提供:Chip Somodevilla, Getty Images
提供:Chip Somodevilla, Getty Images

 今回の判断は、2016年の判決と相反するものだ。2016年には米連邦控訴裁判所が、Microsoftはアイルランドにあるサーバに保存されたデータを引き渡す必要はないとの判断を示していた。

 Reutersによると、問題となっているFBIの令状は、米国内で起きた詐欺事件に関する捜査を発端とするものだという。ペンシルベニア州東部地区米連邦地裁のThomas Rueter判事は、国外のサーバから電子メールを転送してFBI捜査官が米国内で精査できるようにしても、それは「押収とは見なされない」と判断したと伝えられている。その理由は、求められているデータに対するアカウント所有者の「占有権」を「大きく侵害するわけではない」ためだという。

 Googleは次のような声明を発表した。「今回の裁判で判事は判例を逸脱しており、当社はこの決定に対して控訴する予定だ。今後も、適用範囲が広すぎる令状には抵抗し続けていく」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加