グーグル、“質の低いサイト”の検索順位を下げる--キュレーションメディアに影響も

山川晶之 (編集部)2017年02月03日 17時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは2月3日、日本語検索において、ウェブサイトの品質評価方法を改善するアップデートを実施したと発表した。

グーグルウェブマスター向け公式ブログが発表した日本語検索に関するアップデート内容
グーグルウェブマスター向け公式ブログが発表した日本語検索に関するアップデート内容

 アップデートにより、検索結果の上位に表示されることを目的とした、“品質の低いサイト”の順位が下がるという。結果、オリジナルかつユーザーにとって有用なコンテンツをもつ“高品質なサイト”が、より上位に表示されるようになるという。

 同社では、この件を「日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図している」とし、「有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待している」と述べている。

 今回のアップデートは、医療キュレーションサービス「WELQ」NAVERまとめといった、キュレーションメディアに関する一連の問題への対応策とみられる。WELQなどのメディアでは、不正確な内容の記事にもかかわらず、徹底したSEO対策で検索結果の上位に記事が表示されるようにしていたとされ、検索によって誤った情報がユーザーの目に触れてしまうケースが多くあった。

 グーグルでは、日本語検索の問題を全て解決できるとは考えていないとしており、検索品質向上のため、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムを改善していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加