ボーズが作る日本の住まいに合ったホームシアター--小さくても迫力十分

加納恵 (編集部)2017年01月26日 18時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは1月26日、ホームシアター新製品として、5.1chシステムの「Lifestyle 650/600 home entertainment system」(Lifestyle 650/600)2機種と、サウンドバー「SoundTouch 300 soundbar」(SoundTouch 300)の計3機種を発表した。サイズ、音質、デザインにおいて、新しいホームシアターの形を提案する。いずれも同日から予約受付を開始している。

「Lifestyle 650」など、ボーズの新ホームシアター製品が発表された
「Lifestyle 650」など、ボーズの新ホームシアター製品が発表された

 Lifestyle 650(税別価格:49万円)は、4つのサテライトスピーカ、サブウーファ、センタースピーカ、センター部で構成するサラウンドシステム。リアスピーカはワイヤレス接続ができ、長い配線を部屋にはわせることなく設置できる。

 ボーズ史上最小となる「OmniJewel(オムニジュエル)」スピーカを採用。高さ147mm×幅47mm×奥行き47mmの超コンパクトサイズながら、内部には「ハイエクスカージョン・トランスデューサー(振動板を含むユニット)」を2台向かい合って配置することで、サイズ以上に包囲感ある音場を再現。これにセンタースピーカとサブウーファを組み合わせることで、360度全方位のサラウンドが体感できる。 

 センタースピーカには、5つのスピーカユニットを内蔵し、中央のユニットがセンターチャンネルを担い、左右4つユニットで音を部屋全体に拡散する役割を果たす。センター部、サブウーファ部などは表面にガラストップを用いたデザインで、高級感あふれる仕上がり。曲面ガラスを使用し、強度を確保しているとのこと。ガラスを用いることで、ワイヤレスセットにおける透過性にも優れるという。

「Lifestyle 650」
「Lifestyle 650」
  • 「OmniJewel」スピーカは高さ147mm×幅47mm×奥行き47mmの超コンパクトサイズ

  • 内部には「ハイエクスカージョン・トランスデューサー(振動板を含むユニット)」を2台向かい合って配置している

  • 「Lifestyle 650」のリモコン

 Lifestyle 600(同:39万円)は、Lifestyle 650と同等の機能と外観を採用し、サテライトスピーカとセンタースピーカに、従来の「Jewel Cube(ジュエルキューブ)」スピーカを採用したモデルになる。

 SoundTouch 300(税別価格:7万5000円)は、ワイヤレスミュージックとホームシアターの2つの機能を備えたバータイプのスピーカだ。高さ57mm×幅978mm×奥行き108mmのワンボディに、高域用のトランデューサを搭載し、セリフの聞き取りやすさ、音の明瞭さをサポート。再生音を部屋の左右へ送り込んで任意の反射を作り出す、独自の「PhaseGuideアレイ」も備え、スピーカのない場所からも音が聞こえてくる効果が得られる。

 スリムな本体にWi-FiやBluetoothも搭載し、スマートフォンなどと組み合わせてワイヤレス再生ができるほか、Spotifyやインターネットラジオなどのリスニングにも対応する。

 オプションとして、サブウーファの「Acoustimass 300」(税別価格:7万5000円)とサテライトスピーカ「Virtually Invisible 300」(同:3万5000円)も用意し、用途に応じてスピーカを増強することも可能だ。サブウーファのAcoustimass 300は、Lifestyle 650/600に採用されているものと同じモデルになり、いずれも「QuietPortテクノロジー」を搭載。どんな音量でもクリーンな低音を再生でき、大音量時でも歪みが生じない。

「SoundTouch 300」
「SoundTouch 300」
  • オプションとして、サブウーファの「Acoustimass 300」とサテライトスピーカ「Virtually Invisible 300も用意

  • ワンボディのサウンドバースピーカは高57mm

  • 「SoundTouch 300」のリモコン

ピート・オグリー氏
ボーズコーポレーション映像音声向けオーディオ部門ゼネラルマネージャーのピート・オグリー氏

 ボーズコーポレーション映像音声向けオーディオ部門ゼネラルマネージャーのピート・オグリー氏は、「NetflixやHulu、Amazonプライムビデオなど映像配信サービスの充実により、映像コンテンツは量、質ともに大きく進化した。これにより高画質映像の時代が来たといえるが、音については忘れられがち。この部分の強化が自宅でコンテンツを心置きなく楽しめる最後にピースになる。今回発表したSoundTouch 300はワンピースで使えるし、Lifestyle 650は、非常に小さいサテライトスピーカを採用するなど、日本の居住空間に非常にマッチしているものに仕上がっている」と話した。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加