logo

自動運転車の走る車線はスマート道路から指示、アマゾン子会社が特許を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動運転車にはさまざまな長所と短所があり、良い影響と悪い影響の両方が考えられる。好ましい影響としては、運転作業からの解放、運転ミスに起因する事故の減少などが主だ。

 これに対し、Amazon.com傘下のAmazon Technologiesは自動車を自動化するだけでなく、道路管理システムと自動運転車を連携させることで、道路を効率的に利用する技術を考案した。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間1月17日に「LANE ASSIGNMENTS FOR AUTONOMOUS VEHICLES」(特許番号「US 9,547,986 B1」)として登録された。出願日は2015年11月19日。

登録されたAmazon Technologiesの特許(出典:USPTO)
登録されたAmazon Technologiesの特許(出典:USPTO)

 この特許は、車線が複数あるハイウェイにおいて、自動運転車の走行する車線を道路管理システムから指示する技術を説明したもの。どの車線を走らせるかは、自動運転車からのリクエスト、自動運転車の乗車人数や目的地、速度などを参考に、システムが決定する。

 現在の道路でも、進行方向に応じて走行すべき車線が定められていたり、時間帯によって上りと下りに割り当てられる車線数が変えられたりするところがある。この技術を適用すれば、こうした車線規制をダイナミックに実施し、各自動運転車に従わせることが可能だ。

自動運転車の走行する車線を道路管理システムが指示する(出典:USPTO)
自動運転車の走行する車線を道路管理システムが指示する(出典:USPTO)

 交通事故や落下物で特定の車線が使えない状況が発生しても、スムーズに車線誘導できるようになる。また、歩道側にバス優先レーンを設ければ、自動運転バスの効率的な走行と、乗降客の安全確保にもつながる。

-PR-企画特集