ヘルスケアベンチャーのFiNCが20億円を調達--カゴメやロート製薬、第一生命が出資

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2017年01月13日 13時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 個人向けのダイエット家庭教師「FiNC」や、法人向けのウェルネス経営サービス「FiNC for Business」などを運営するFiNCは1月13日、総額20億円強の資金調達をしたと発表した。調達先は、カゴメ、第一生命保険、未来創生ファンド、明治安田生命保険、ロート製薬および、限られた有力個人投資家。

「FiNC for Business」
「FiNC for Business」

 同社はこれまで、遺伝子検査など各種検査や生活習慣問診、健康診断などの結果と、ライフログなどのパーソナルデータを包括的に分析。その結果を基に、ヘルスケアの専門家や人工知能(AI)が最適な生活習慣改善の提案をしてきた。同社は2017年に、創業以来準備してきたというコンシューマ向けウェルネス・ヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」の提供を予定している。

 今回調達した資金は、このプラットフォームアプリFiNCの開発や提供に充てられるという。具体的には、人工知能領域のさらなる投資や、ウェルネス・ヘルスケアプラットフォームを強化するための事業拡大、マーケティングやプロモーション活動などに使われる予定。

 今後は、引受先企業とヘルスケア分野での人工知能を活用したプロダクトの開発・サービス面で、さらに強固なパートナーシップを構築するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加