DeNAと日産自動車、自動運転を活用した交通プラットフォーム開発へ

山川晶之 (編集部)2017年01月06日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は1月6日、日産自動車が製造する自動運転車両を活用した新たな交通サービスのプラットフォームの開発計画を発表した。

 取り組みの第一歩として、2017年内に日産製の自動運転車両を用いた実証実験を日本国内で開始し、2020年までに無人運転による交通サービスプラットフォームのビジネスモデルなどを検証する。具体的な計画や実証実験の詳細は、まだ協議が必要であるものの、実証実験開始前には公表するとしている。

 なお、今回の提携についてDeNA広報部に確認したところ、自動運転技術を持つZMPとの提携解消とはもともと別に取り組んでいた話だという。提携解消後は、日産自動車を技術パートナーとして、自動運転事業を継続するとしている。

 また、自動運転事業におけるDeNAの役割については、実際の交通サービスを実現したときのサービス基盤の構築に加え、各自治体との実証実験の交渉役を担うとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加