バンナム、「将棋ウォーズ」などのHEROZと資本業務提携--AI技術をエンタメに活用

佐藤和也 (編集部)2016年12月26日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコエンターテインメントは12月26日、人工知能(AI)を活用したインターネットサービスを展開している、ベンチャー企業のHEROZと資本業務提携を実施したと発表した。

 HEROZは、機械学習などのAI関連の手法を固有のコア技術とし、サービスの企画開発や運営を行うベンチャー企業。将棋電王戦優勝ソフト「Ponanza(ポナンザ)」の開発メンバーを擁し、将棋アプリ「将棋ウォーズ」などでも知られている。

 バンダイナムコエンターテインメント側では、ネットワークエンターテインメント領域との親和性も高いことから「HEROZのAI技術と、弊社のゲーム事業で培ったプロデュース力を掛け合わせ、これまでにない新たなエンターテインメントの創出を目指す」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加