Kickstarter

「Raspberry Pi 3」を任天堂「NES」カセットに収めるキット「Pi3Cart」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気の超小型コンピュータ「Raspberry Pi 3」でレトロゲームをプレイするなら、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援を募集していた「Pi3Cart」のようなカセットに入っていると楽しそうだ。


Raspberry Pi 3をNES用カセットに収納(出典:Kickstarter)

 Pi3Cartは、Raspberry Pi 3を任天堂の「Nintendo Entertainment System(NES)」用カセットに収納するためのキット。Raspberry Pi 3をNESカセット内に収めるには、EthernetポートとUSBポートを取り外す必要があった。


USBポートを移動したり、ファンを取り付けたり(出典:Pi3Cart公式サイト)

 Raspberry Pi 3のEthernet接続は無線LAN(Wi-FI)を使えるのであきらめ、2つのUSBポートは位置を変えて使用可能にした。NESカセットの外観は変えていないが、穴を開ければ4つある全USBポートが使える。

 内部には冷却ファンも組み込んでおり、4つのコアを使うベンチマークプログラムを動かしても温度を維持できるという。


ステータスLEDの確認が可能。シャットダウン操作も外から(出典:Kickstarter)

 フェイスプレートは交換可能になっていて、好きな色が選べる。


フェイスプレートは交換可能(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでのキャンペーンはすでに終了。目標金額は500ドルで、それを大きく上回る2万4755ドルの集金に成功した。

出典:Kickstarter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加