logo

Raspberry Pi対応の小型ギターアンプ「GRasPi」--バッテリ駆動、MIDI対応など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 超小型コンピュータ「Raspberry Pi」は多彩な機能を備えており、特に音声処理の性能が高い。その具体的な応用例として、Raspberry Pi用の真空管アンプ「503HTA」を以前紹介した。

 そのほかの応用例として、今回はRaspberry Piを使うギター用アンプ「GRasPi」を取り上げる。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

Raspberry Pi対応の小型ギターアンプ(出典:Kickstarter)
Raspberry Pi対応の小型ギターアンプ(出典:Kickstarter)

 GRasPiは、出力15Wのクリーンサウンドを鳴らせる小型ギターアンプ。別に用意したRaspberry Piを組み合わせると、さまざまなエフェクトをかけられる仕組みだ。内蔵バッテリで駆動し、コンパクトなので、持ち運んで路上ライブなどに使うのもよいだろう。

クリーンサウンドとRaspberry Piのエフェクトをミックス(出典:Kickstarter)
クリーンサウンドとRaspberry Piのエフェクトをミックス(出典:Kickstarter)
バッテリ駆動でMIDI対応(出典:Kickstarter)
バッテリ駆動でMIDI対応(出典:Kickstarter)

 コーデックを介して接続したRaspberry-Piは、「Guitarix」などのアプリから操作できる。MIDI入力にも対応しており、接続したMIDIデバイスからエフェクトを調整することや、MIDIキーボードなどとの同期演奏をすることも可能。

Guitarixなどのアプリから操作可能(出典:Kickstarter)
Guitarixなどのアプリから操作可能(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2017年1月1日まで。目標金額の3万5000ユーロに対し、記事執筆時点(日本時間12月5日11時)でまだ支援は寄せられていない。キャンペーン期間はあと26日ある。

-PR-企画特集