Facebook株主がザッカーバーグCEOとアンドリーセン氏を非難、不正行為の疑い--Bloomberg

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年12月09日 14時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの取締役会を相手取って訴訟が起こされている。最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏と、取締役を務めるMarc Andreessen氏の間の取引をめぐるものだ。Bloombergによると、訴状では2人がFacebookの株主の利益に反して共謀したとされているという。

 これは1年前、Zuckerberg氏がFacebookの株式を大量に売却する意向を示したことに端を発する。同氏の目的は、Facebook株の99%を慈善活動に寄付することだった。

 しかしZuckerberg氏が株を売却すれば、同氏はFacebookの議決権を失ってしまうため、Zuckerberg氏は株を売却する前に、同氏がFacebookでの議決権を維持可能かどうかの採決を株主に求めた。株主側は賛成票を投じた。

 だが、この決定に関する特別委員会で株主代表を務めていたAndreessen氏が、この過程でひそかにZuckerberg氏に情報を流していたというのだ。Andreessen氏はAndreessen Horowitzのゼネラルパートナーで、シリコンバレーでよく知られたベンチャーキャピタリストだ。

 報道によると、Andreessen氏は株主による決議の進捗についてZuckerberg氏に情報を伝えていたほか、株主側との交渉でもZuckerberg氏に手を貸していたという。この期間、2人は個人的にテキストメッセージをやり取りしていたと伝えられている。

 Bloombergによると、3月に行われた電話会見中にAndreessen氏がZuckerberg氏に送ったと報じられているメッセージには、「この議論の進め方はうまくいっていない」と書かれていたという。また別のテキストでは、「これで首尾よくいきそうだ」とある。

 Bloombergによると、この訴訟は4月にデラウェア州の衡平法裁判所に訴状が提出され、最近になって開示されたばかりだという。Facebookの取締役会を訴えている原告の中には、年金基金や個人投資家も含まれる。一方、Facebookは一切の不正行為を否定している。

 Facebookの広報担当者は電子メールでコメントを寄せ、その中で「Facebookは、特別委員会がFacebookとその株主の利益を最優先に考え、提案について協議するにあたり、徹底的かつ公正なプロセスを踏んだことを確信している」と述べた。

 Andreessen Horowitzの広報担当者は、会社としてFacebookの係争中の訴訟についてはコメントできないと述べている。


提供:Photo by James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加