「本当にお待たせした」--10年がかりの「ファイナルファンタジーXV」が発売 - 3/15

 本作のディレクターを務めたスクウェア・エニックスの田畑端氏。早朝から集まってくれたことへの感謝とともに「本当にお待たせしました」とあいさつ。 

 ファイナルファンタジーの初代作はドット絵で表現され、セリフがテキスト表示されていたことに触れ「30年が経過し、本作ではグラフィックがリアルになっただけではなく、人工知能によってキャラクターが心を持った。感情を持ったセリフをしゃべるように進化した」と語る。

 一方で、「プレーヤーが物語の主人公であること。プレーヤーのためのストーリー体験が重要であることはシリーズ通して変わらないもの」とし、本作でもその部分は大切にしたという。
Scroll Right Scroll Left

 本作のディレクターを務めたスクウェア・エニックスの田畑端氏。早朝から集まってくれたことへの感謝とともに「本当にお待たせしました」とあいさつ。

 ファイナルファンタジーの初代作はドット絵で表現され、セリフがテキスト表示されていたことに触れ「30年が経過し、本作ではグラフィックがリアルになっただけではなく、人工知能によってキャラクターが心を持った。感情を持ったセリフをしゃべるように進化した」と語る。

 一方で、「プレーヤーが物語の主人公であること。プレーヤーのためのストーリー体験が重要であることはシリーズ通して変わらないもの」とし、本作でもその部分は大切にしたという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]