logo

時間を忘れて楽しめる「It's a Sony展」で見つけた超個人的10選

加納恵 (編集部)2016年11月19日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京・銀座のソニービルで、2017年3月31日まで開催している「It's a Sony展」。2月21日までの前半では「歴史」をテーマに約730点のソニー製品を展示している。1950年代から2010年代まで、年代ごとに製品をフロア分けして並べた展示内容は見どころ満載。時間を忘れて楽しめる。

 ここでは、It's a Sony展で見つけた“超個人的”に選んだ10製品を写真で紹介する。

 1枚目は1980年製のカラーモニタ「PROFEEL(プロフィール)」の第1号機「KX-27HF1」。チューナとスピーカを分離し、そのほかのテレビとは一線を画したデザインで、高画質モニタとして知られた。
Scroll Right Scroll Left

 東京・銀座のソニービルで、2017年3月31日まで開催している「It's a Sony展」。2月21日までの前半では「歴史」をテーマに約730点のソニー製品を展示している。1950年代から2010年代まで、年代ごとに製品をフロア分けして並べた展示内容は見どころ満載。時間を忘れて楽しめる。

 ここでは、It's a Sony展で見つけた“超個人的”に選んだ10製品を写真で紹介する。

 1枚目は1980年製のカラーモニタ「PROFEEL(プロフィール)」の第1号機「KX-27HF1」。チューナとスピーカを分離し、そのほかのテレビとは一線を画したデザインで、高画質モニタとして知られた。

-PR-企画特集