グーグル翻訳、日本語など8言語にニューラル機械翻訳技術を拡大

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年11月16日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間11月14日、スマートフォンとウェブで利用できる「Google Translate」アプリを大幅に改善したことを明かした。

 Googleによると、同ソフトウェアにGoogle Neural Machine Translation(Googleニューラル機械翻訳:GNMT)が組み込まれたという。ニューラル機械翻訳は、テキストを小さな塊に分解して翻訳するのではなく、文全体を1つの翻訳単位として捉えるため、より自然で、優れた翻訳文を出力できるとGoogleは説明する。これまで中国語から英語への翻訳を対象に適用されていた。

 Google Translateのプロダクトリードを務めるBarak Turovsky氏は、Googleのサンフランシスコオフィスで開催したプレスイベントで、「10年分を上回る進歩を一気に達成した」と述べた。

 この新しい翻訳システムは、同アプリがサポートする103の言語のうち、8言語で利用可能になる。具体的には、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、日本語、韓国語、トルコ語の8言語が、英語との双方向の翻訳で対応する。Googleによると、これらの8言語は同サービスで実行される翻訳全体の35%を占めるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加