マイクロソフトの「PowerPoint」でピクスタの写真素材が利用可能に--1500万点以上

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2016年11月02日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピクスタは11月2日、ストックフォトサイト「PIXTA(ピクスタ)」で販売されている画像のうち、1500万点以上の写真やイラスト素材を、マイクロソフトのプレゼンテーション用アプリ「PowerPoint」上で自由に検索、購入できるアドオン「PIXTA for Office」を、2017年1月に提供すると発表した。

 「Microsoft Office 2016」を導入している法人が対象となる。利用料金は、「毎日25ダウンロードプラン(1年更新)」が月額2万9700円。「毎日25ダウンロードプラン(30日更新)」が月額3万7800円。「30日間250ダウンロードプラン(30日更新)」が月額5万8320円。いずれも税込みとなる。今後は、画像を1点ずつ購入できる単品プランの提供も予定している。

「PowerPoint」での画像素材の利用イメージ
「PowerPoint」での画像素材の利用イメージ

 このアドオンは、PIXTAで販売されている画像のうち、1500万点以上の写真やイラスト素材を、PowerPoint上で自由に検索、購入できる機能。Officeストアより「PIXTA」を選び、無料でダウンロードすることで使用できる。

 PowerPointで制作中は、テストデータ(カンプデータ)として透かし(ウォーターマーク)の入った画像素材を無料で挿入できる。画像をはめ込み、使用が確定してから透かしのない本番データを購入することで正規利用が可能となる。また、挿入した画像は、拡大・縮小・切り取り(トリミング)など、PowerPointの機能を使った加工にも対応している。

 これまでPowerPointでは、「クリップアート」としていくつかの画像素材を無料で提供していたが、2014年12月にこれを終了。Bingイメージ(ウェブ上の無数のクリエイティブコモンズライセンスの画像にアクセスできる機能)や、海外ストックフォト事業社からの拡張機能によって需要に応えるように方向転換していた。

 その一方で、日本の人や文化、風景、嗜好にマッチした画像素材は不足がちで、国内のPowerPointユーザーの需要に完全には応えられなかったことから、ピクスタが日本のストックフォト事業社として初めて、拡張機能を提供することになったとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加