logo

セガサミーHD、「ジョイポリス」運営のセガ・ライブクリエイションを香港企業に売却

佐藤和也 (編集部)2016年10月31日 15時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガサミーホールディングスは10月31日、屋内型テーマパーク施設「ジョイポリス」を運営する子会社のセガ・ライブクリエイションについて、保有している株式の85.1%を、香港を拠点とするChina Animation Characters Companyの子会社であるChina Theme Parkに、6億円で売却すると発表した。

 セガ・ライブクリエイションは、セガ(現在のセガゲームス)のエンタテインメントパーク事業の一部を新設分割する形で、2015年4月1日に設立。ジョイポリスのほか、ネイチャー・ドキュメンタリー「BBC EARTH」の映像を活用した体験型エンタテインメント施設「Orbi」などの開発や運営を行っている。

 譲渡の理由について、財務体質の改善および資本回転率の向上を挙げた。また譲渡先となるChina Animationグループは、「上海ジョイポリス」のライセンスアウト先であり、株式売却後の事業の円滑な運営や発展を前提として同グループに決定したという。

 株式の譲渡日は、2017年1月1日の予定。売却後のセガサミーホールディングスの保有比率は14.9%となり、連結対象から外れる。なお、Orbiの事業についてはセガ・ライブクリエイションから分割し、セガグループに移管の上、運営を継続する。

-PR-企画特集