3Dメガネで楽しめる8KVRシアターの出展も--デジタルコンテンツEXPO2016が開催

佐藤和也 (編集部)2016年10月27日 18時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 さまざまな企業や団体による、最先端のコンテンツ技術を展示している。
Scroll Right Scroll Left

 さまざまな企業や団体による、最先端のコンテンツ技術を展示している。

 世界の先端技術が一堂に会する、経済産業省とデジタルコンテンツ協会が主催の「デジタルコンテンツEXPO2016」が、10月27日から日本科学未来館で開催されている。

 このイベントではコンテンツの制作や表現を支援する技術を展示。3D映像やVR(バーチャルリアリティ)、AI(人工知能)などの技術分野に加え、新世代のメディア技術「8Kスーパーハイビジョン」や人間の五感に働きかける技術などが出展され、それらを実際に体験できる。ほかにも、クリエーターや研究者よるシンポジウムやセミナーも実施される。

 今回特に注目を集めていたのが、NHKメディアテクノロジーによる「8K:VRシアター」。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)ではなく、3Dメガネを着用することにより8Kの高精細な3D映像と22.2chサラウンドによる立体音響により、VR的な空間が体感できるというもの。映像にはサカナクションのライブ映像が上映されている。ほかにもHMD型VRシステムを活用した展示や、スポーツイベントで活躍が期待できるコンテンツ技術の展示、日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」なども出展している。

 期間は10月27日から30日までで、時間は各日10時から17時まで。入場は無料で一部プログラムでは受講料が必要となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加