写真でみるドコモの2016年冬モデル--独自スマホや“らくらく”新モデルなど13機種

藤井涼 (編集部)2016年10月20日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia XZ SO-01J」。2300万画素のアウトカメラに、暗い場所でもすばやくオートフォーカスできるセンサや、色の再現性を向上させ見たままを撮影できるセンサを採用。また、1320万画素のインカメラを搭載する。ソニーのデジカメなどに搭載される5軸の手ぶれ補正技術もスマートフォンで初めて搭載した。11月上旬に発売予定。

 ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia XZ SO-01J」。2300万画素のアウトカメラに、暗い場所でもすばやくオートフォーカスできるセンサや、色の再現性を向上させ見たままを撮影できるセンサを採用。また、1320万画素のインカメラを搭載する。ソニーのデジカメなどに搭載される5軸の手ぶれ補正技術もスマートフォンで初めて搭載した。11月上旬に発売予定。

 NTTドコモは10月19日、2016年冬モデルとなる新製品を発表した。スマートフォン7機種、らくらくシリーズ2機種、ドコモケータイ2機種、キッズケータイ1機種、データ通信端末1機種の全13機種となる。ここでは、各端末を写真で紹介していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加