リコー、360度全天球カメラTHETAにスタンダードモデル--「RICOH THETA SC」

坂本純子 (編集部)2016年10月13日 15時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは10月13日、ワンショットで360度撮影ができるカメラTHETAのスタンダードモデル「RICOH THETA SC」を10月28日に発売すると発表した。市場想定価格は3万円台前半。カラーは、ブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトの4色がラインアップする。

「RICOH THETA SC」
「RICOH THETA SC」

 2015年に発売したシリーズ上位機種の「RICOH THETA S」に対し、今回のTHETA SCは、THETA Sと同等の高性能CMOSイメージセンサやF2.0の大口径レンズによる高画質はそのままに、本体を軽量化。THETA Sよりも23g軽い102gになった。

 ただし、動画撮影は30fpsのFull HD動画を約25分間連続撮影できるTHETA Sに対し、THETA SCは最大5分と短くなっている。

 撮影した画像は、スマートフォンやタブレットに転送して楽しめるほか、市販のVRビューアを利用して、手軽にVR体験が可能だ。また、専用ウェブサイトtheta360.comにアップしてSNSで共有したり、FacebookやYouTubeに直接動画を投稿したりできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加