WhatsApp、写真に手書きや絵文字追加が可能に--フラッシュのサポートも

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年10月04日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WhatsAppは米国時間10月3日、写真や動画を加工するための複数のカメラ機能をリリースした。キャプチャした画像に手書きする機能や、より完成度の高い自撮りをするのに役立つ機能が含まれる。

WhatsAppのカメラ機能
提供:WhatsApp

 新機能の一つはSnapchatを使ったことがある人は慣れているであろう機能で、「自分を表現するための」好みの絵文字を追加できるというものだと、WhatsAppは3日のブログ記事で述べている。この編集ツールでは、テキストを追加し、色やフォントを変更することもできる。

 このFacebook傘下のメッセージアプリで自分をさらにシェアしたい人は、端末前面のフラッシュが新たにサポートされたことに惹かれるはずだ。これにより、暗いところや夜間でも、より鮮明な自撮りが可能になる。動画ファンにうれしい新機能として、動画の撮影中に上下のスワイプでズームインやズームアウトができるようになった。

 これらの新機能は「Android」ユーザーに3日から提供開始されている。「iPhone」でも近いうちに提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加