logo

アップル、ピンク・フロイドのアルバムで有名なバタシー発電所跡に英国本社を移転へ

Richard Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年09月30日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが英国本社を、ロックスターや映画などによって有名になったロンドンの歴史的建造物の跡地に移転する計画だ。

 Appleは米国時間9月29日、英国本社を2021年にテムズ川南岸に位置する有名なバタシー発電所跡地に移転することを明らかにした。バタシー発電所は1930年代に操業を開始した石炭火力発電所で、1983年以降は事実上廃墟と化していた。現在、この跡地は再開発工事が行われており、オフィスや店舗、ホテルのほか住宅4000戸が建設される予定になっている。Appleはその最大のテナントになるとみられ、2021年までに従業員1400人を当地に配置転換する計画だとしている。

 象徴的な4本の煙突はピンク・フロイドのアルバム「Animals」のジャケットに登場しており、発電所は「トゥモロー・ワールド」「ダークナイト」「ドクター・フー」など、さまざまな映画やテレビ番組のロケ地として使われた。


バターシー発電所跡地の再開発では、象徴的な4本の煙突は残される予定だ。
提供:Dan Kitwood/Getty Images

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集