任天堂、往年の名作ゲーム30本を収録した“小型ファミコン”を11月10日に国内発売

佐藤和也 (編集部)2016年09月30日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は9月30日、30種類のファミコンゲームを内蔵する、手のひらサイズの家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を11月10日に発売すると発表した。価格は税別で5980円。

  • ファミコン本体を手のひらサイズで再現

 本体は、1983年に発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」(ファミコン)を再現し、サイズは約60%に縮小したもの。あらかじめ30タイトルが収録されており、カセットの交換なしで楽しむことができる。また当時のファミコンそのままに、2本のコントローラーが本体とつながっているため、対戦プレイや協力プレイも可能となっている。なお、ファミコンカセットを差し込んで遊ぶことはできず、ダウンロードなどでソフトを追加することもできないという。

  • パッケージも当時のデザインを踏襲したもの

 付属のUSBケーブルを別売のACアダプターやUSB電源供給機器と接続し、付属のHDMIケーブルでテレビなどのモニターに接続することによってプレイができる。市販のUSB対応ACアダプターも利用可能。別売のACアダプターは「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ専用ACアダプター」として同時発売予定。価格は税別で1000円。

 収録されているタイトルは「ドンキーコング」、「マリオブラザーズ」、「スーパーマリオブラザーズ」といった往年のファミコン名作タイトル、「ゼルダの伝説」や「リンクの冒険」といったディスクシステムの名作タイトルを収録。また「パックマン」や「ギャラガ」、「グラディウス」、「アトランチスの謎」といった、任天堂以外のサードパーティタイトルも収録されている。

 任天堂は7月に、海外向けのファミコンにあたる「Nintendo Entertainment System」(NES)の本体を小型化し、30種類のゲームを収録した「Nintendo Classic Mini」を、英国と米国で11月に発売することを発表。話題となっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加