激震、動揺止まぬサムスンの「Galaxy Note7」発熱問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Galaxy Note7の欠陥に激震走る

 この夏、サムスンから新モデルとして発売されたスマホ「Galaxy Note7」をめぐって、激震が走っている。米国で充電中にスマホ本体から発火するというトラブルの報告が相次ぎ、6歳の子どもがやけどをするという事件も起こった。


問題の「Galaxy Note7 」。大画面、高画質、高音質、高速充電、多機能と高性能をうたっていたが、バッテリの欠陥という重大問題が発覚した

 米国の消費者製品安全委員会(CPSC)はこれまでに分かっているだけで、米国内でGalaxy Note7のバッテリ過熱によるトラブルが92件通報され、このうちスマホ本体の破損が55件、やけどなどの人体への被害が26件、その他が1件と発表している。

 事態を重くみたCPSCは、サムスンに対しGalaxy Note7のリコールを請求した。加えて韓国内でのユーザーに対しても、Galaxy Note7の注意喚起とともに使用を控えるよう呼びかけた。

韓国内での対応は?

 これに先立ち、サムスンのサービスセンターでは9月19日よりGalaxy Note7の無償交換の受付を開始することを発表した。韓国の聯合ニュースによると、19日に受付が始まって以降、3日目の21日までに無償交換をしたユーザーは10万人にのぼったとのことである。

無償交換サービスを開始した9月19日、サービスセンターには朝から続々と相談に訪れる人が
無償交換サービスを開始した9月19日、サービスセンターには朝から続々と相談に訪れる人が

 現段階では、すべてのGalaxy Note7の無償交換を9月末までに終えることを見込んでいる。また、これと並行して一旦中止していたGalaxy Note7の店頭での販売も再開すると発表している。

 当面の対応として、無償交換を待つユーザーに対しては、バッテリ量を制限するソフトウェアを9月20日より自動的にアップデートさせるとともに、バッテリの充電を最大60%で使用することを呼びかけている。これは、米国でのバッテリの過熱による発火の事例を危惧したものである。

案内文
サムスンのサービスセンターに貼り出された「Galaxy Note 7」の無償交換を知らせる案内文。サムスンでは9月末までに無償交換を終了させる方針を発表している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加