logo

ドコモ、20Gバイトで月額6000円の「ウルトラパック」発表--家族間で100Gバイト共有も

藤井涼 (編集部)2016年09月13日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月13日、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」において、大容量パケットパック「ウルトラパック」を、9月14日から提供すると発表した。9月8日にソフトバンクが、9月9日にKDDIが発表した20Gバイトで月額6000円の料金プランに対抗したプランと言えそうだ。

 ドコモでは、20Gバイトで月額6000円の「ウルトラデータLパック」、30Gバイトで月額8000円の「ウルトラデータLLパック」を提供。さらに、家族でデータ量をシェアできるウルトラシェアパックも用意した。50Gバイトで1万6000円の「ウルトラシェアパック50」、100Gバイトで2万5000円の「ウルトラシェアパック100」を提供する。

個人のお客さま向け料金プラン
個人のお客さま向け料金プラン
「ずっとドコモ割」割引額詳細
「ずっとドコモ割」割引額詳細

 ウルトラパックには「ずっとドコモ割」が適用される。たとえば、15年以上ドコモを契約していれば、20Gバイトのデータ量が利用できる「ウルトラデータLパック」を月額5200円(別途基本使用料、付加機能使用料が必要)で利用できるという。また「ドコモ光」を契約している場合、「ずっとドコモ割」に加えて、最大毎月3200円が割引されるという。

「ドコモ光パック」割引額(戸建向け)
「ドコモ光パック」割引額(戸建向け)
「ドコモ光パック」割引額(マンション向け)
「ドコモ光パック」割引額(マンション向け)

 さらに、法人顧客向けにも同一法人間などで毎月データ量をシェアできる「ウルトラビジネスシェアパック50」「ウルトラビジネスシェアパック100」を提供するとしている。

 なお、ウルトラパックの提供開始にともない、9月22日をもって「データLパック」「シェアパック20」「シェアパック30」「ビジネスシェアパック20」「ビジネスシェアパック30」の新規申し込み受け付けを終了する。ただし現在も契約中のユーザーは継続して利用できる。

-PR-企画特集