logo

アップル、ワイヤレスの「AirPods」と3種類の「Beats」ヘッドホンを発表

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年09月08日 07時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleの新しいイヤホン「AirPods」を写真で紹介する。

Appleの新しいイヤホン「AirPods」を写真で紹介する。

提供: Screenshot by David Carnoy/CNET

 Appleは「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の発表に合わせて、4種類の新しいヘッドホンを発表した。完全に無線の新しいイヤホン「AirPods」(159ドル)に加えて、「Powerbeats3」(200ドル)、「Solo 3 Wireless」(300ドル)、まったく新しい「BeatsX」(150ドル)という3種類の「Beats」ヘッドホンが新たに提供される。


3種類の「Beats」ヘッドホン
提供:Screenshot by David Carnoy/CNET

 いずれもAppleが独自に開発した新しい「W1」チップを搭載する。このチップは低消費電力のBluetoothを採用し、両耳のパーツを同期させる。米CNETのShara Tibken記者はAppleの担当者に取材し、これらのヘッドホンが新型iPhoneだけでなく他のBluetooth対応機器にも対応するとの回答を得た。

 Apple AirPodsのバッテリ持続時間は5時間で、それをさらに19時間延長可能な充電ケースが付属している(合計で24時間になる)。発売は10月下旬の予定だ。

 Beats Solo3 Wirelessは6色展開で米国向けに発売されている。Powerbeats3 WirelessとBeatsXの発売日はまだ発表されていない。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集