全国のソフトバンクショップが「Pokemon GO」のポケストップとジムに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは9月1日、スマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」において、Nianticおよびポケモンとパートナーシップ契約を締結したと発表した。これにより、全国約3700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが、Pokemon GOの「ポケストップ」または「ジム」として登録される。

Pokemon GO
ソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokemon GO」の「ポケストップ」と「ジム」に登録

 Pokemon GOでは、ポケモンを捕まえるのに必要なアイテムなどが入手できる「ポケストップ」や、ほかのプレイヤーのポケモンと戦う拠点である「ジム」が設置されているが、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどとひも付けされている。

 今回のパートナーシップ契約締結により、ソフトバンクショップとワイモバイルショップがポケストップまたは、ジムになるほか、今後、ソフトバンクならではのPokemon GOとのコラボサービスなどの提供を検討しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加