logo

ソニーショールームとソニーストア銀座、営業最後の日--9月、GINZA PLACEに移転

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・銀座のソニービルに出店していたソニーショールームとソニーストア銀座が、8月28日19時に営業を終了した。

 ソニービル全体は、2017年3月31日に営業を終了するが、ソニーショールームとソニーストア銀座はひと足早く営業を終了。9月24日に、銀座4丁目交差点にオープンする「GINZA PLACE」の4~6階の3フロアを使用し、新たな場所で営業を開始することになる。なお、ソニーイメージングギャラリー銀座も、9月8日に営業を終了し、GINZA PLACEにオープンする。


東京・銀座の数寄屋橋交差点にあるソニービル

 ソニーショールームとソニーストア銀座の営業最終日は、夏休み最後の日曜日ということもあり、開催中の「ソニーアクアリウム 沖縄美ら海水族館」イベントを訪れた家族や長年、ソニーショールームを訪れていたソニーユーザー、そしてソニービルに思い入れのあるソニー関係者などが数多く訪れ、11時のオープンから閉店となった19時まで、各フロアとも多くの来店客であふれていた。

 なかには、エンターテインメントロボット「AIBO」を持参して記念写真をするソニーユーザーや、記念のために各フロアの様子を入念に撮影するソニーファンの姿が見られたという。

 さらに、小学生のソニーファンからは、ソニーショールーム/ストアに勤務するスタイリストに、写真で約3年間の歴史を綴った色紙がプレゼントされたシーンも見られた。

  • ソニーストアの店内

  • ソニーショールームの様子

  • 店内には移転オープンのお知らせがでていた

創業者盛田氏の「お客様と直接話をしないとダメなんだ」という思い

 ソニービルは、1966年4月29日に、ソニー創業者の1人である盛田昭夫氏が、「東京・銀座の玄関として、ソニー本来のショールームの役割とともに、より有意義な建物を建設すべきである」とし、それに基いて建設、開業した建物。2016年はちょうど50年目の節目を迎えていた。


1966年、開業時のソニービル
  • ソニービルの建設中の様子。1964年

  • 1965年には形ができてきている

 ソニーでは、ソニービルをリニューアルする「銀座ソニーパークプロジェクト」を開始。ソニービル全体の営業を2017年3月31日に終了後、ビルを解体して平地に整備。訪日観光客の増加が見込まれる2018~2020年の間は「銀座ソニーパーク」としてスペースを開放する予定。さらに、東京オリンピック、パラリンピックが終了した2020年秋以降に、ビルの建設を開始し、2022年秋には新たなソニービルとして営業を再開する計画だという。ソニーショールームとソニーストアが、新たなソニービルに入居するかどうかは現時点では未定だという。

 ソニーマーケティング代表取締役社長である河野弘氏は、「1966年4月から50年間に渡って、多くのソニーファンの皆さんと、商品を介して接することができた場所。ソニーファン創造のための重要な顧客接点であり、この発想を、形として実現させた創業者の志の高さに改めて敬意を表したい。またその意志をこれからも継いでいきたい」と語る。


ソニーマーケティング代表取締役社長である河野弘氏

 河野社長は、盛田氏から、「お客様と直接話をしないとダメなんだ」という話を何度も聞いていたという。

 「お客様とメーカーのダイレクトな接点を設け、お客様の声を直接聞けるチャネルを持ったことは大きな意義があった。ソニーマーケティングジャパンが、『カスタマーマーケティング戦略』を打ち出したのは、この考え方を引き継いだものであり、お客様からのフィードバックを、事業部の商品企画、設計と定期的に共有。お客様目線、ユーザー視点を、ソニーの中で持ち続けることにつながっている」とする。

 ソニーマーケティングの河野社長自らも、新入社員の時に頻繁にソニービルを訪ね、ソニー商品を触って勉強したことがあったという。

 「その際に、ショールームのアテンダントが、お客様のあらゆる質問に答えている光景を見て、自社の商品に誇りを持つ姿勢を教えられた記憶がある。また、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)のプレジデントを務めていた時には、ゲーム機『PS4』の発売イベントを、ソニービル8階にある『OPUS』で夜中に開催したことを思い出す。PSファンの熱狂ぶりと、ソニービルがソニーグループのブランド発信基地であることを、改めて実感したことを鮮明に記憶している」と語る。

 

 9月24日には、銀座4丁目交差点のGINZA PLACEのオープンにあわせて、新たなソニーショールームとソニーストアが開店するが、「ソニーマーケティングジャパンのカスタマーマーケティングを実現する顧客接点のフラッグシップ的な立場であり、その戦略拠点としたい。最新の商品をいち早く試せる場所、心置きなく確認できる場所、商品を体感できる場所として、たくさんの方に来店していただけるような、魅力ある場にしていく。ソニーファンの創造の拠点として、お客様に愛されるショールーム、ストアにしていく」と抱負を語る。

 ソニービルのソニーショールームとソニーストアの営業終了は寂しさも感じるが、その一方で、新たなソニーショールームおよびソニーストアの開店がいまから楽しみである。


9月24日にオープンする銀座4丁目交差点の「GINZA PLACE」

-PR-企画特集