logo

「iPhone 6」のタッチ画面が反応しなくなる--アップルに集団訴訟

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ)2016年08月30日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タッチスクリーンが反応しなくなる問題をめぐって「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のユーザーがAppleを提訴したと、Reutersが米国時間8月29日付の記事で伝えた。

 この問題は、技術系サイトiFixitが最初に広く報じたもの。最新世代の「iPhone」に発生するとされ、「画面最上部に灰色のちらつくバーが表示され、タッチスクリーンが反応しなくなる」現象だ。

 iFixitの記事には、こう書かれている。「われわれが『タッチ病』と呼ぶ症状を起こしたスマートフォンが何台あるのか、正確に知る手だては無論ない。だが、話を聞いた修理技師の全員が、この問題はかなり頻繁に見られると語っている」

 Reuterによると、この訴訟「Davidson氏ら対Apple」の原告は、Appleがカリフォルニア州の消費者保護法に違反したとして、金額を特定しない損害賠償を求めている。この集団訴訟は、8月27日付で提訴された。

 この件でAppleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集