iOS 10はこうなる--iPhoneを手にとった瞬間から感じられる変化 - (page 2)

通知の表現力と可能性

 これまでの通知は、テキストとサムネイル画像を表示する程度の表現力しかなかったが、「インタラクティブ通知」では、ビデオやアニメーションなどを拡大した通知の中で確認できるようになる。

 WWDC 2016で紹介していたのは、Uberの車の位置を表示する地図だ。通知を拡大すると、自分の位置とドライバーの位置のリアルタイムマップを通知の中で確認できる。また、HomeKitに対応するドアホンやセキュリティカメラからの通知の開いて、ライブ映像を確認することも可能だ。

Uberの車の位置を表示する地図
Uberの車の位置を表示する地図

 個人的に楽しみな使い方は、スポーツアプリ。自分が贔屓にしているチームの得点シーンなどが通知で届いた際、その通知の中で得点シーンのビデオクリップが流れてくるようになると、よりスポーツを楽しめるのではないだろうか。

アプリとの関わり方が変わる

 iOS 10では、ウィジェットと通知によって、ロック画面の価値が大幅に高まる。アプリそのものを開いている時間が短くなっても、ユーザーはアプリから切り離されたアプリの機能を、さまざまな場所で体験できるようになるだろう。

 こうした変化にはアプリ開発者の対応が不可欠だ。ユーザーがその瞬間何をしたいのかを、適切な機能や情報のサイズに切り出して、通知を通じて提供できるようにすることが重要になる。

 ロック画面の変革は、アプリ開発者とユーザーとの関係性や、ビジネスモデルにも影響を与えていくことになるだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]