アマゾンのAlexa Fund、スマートサーモスタットのecobeeに出資

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年08月19日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは2015年、企業規模の大小を問わず、開発者やメーカーを対象に最大1億ドルを支給するAlexa Fundを設立した。その狙いはとてもシンプルで、同社のスマートスピーカ「Amazon Echo」に組み込まれた音声認識技術を活用する優れたアイデアを持つ人々を支援することだ。Alexa Fundは米国時間8月18日、過去最大規模の資金を投入し、スマートサーモスタット「Ecobee」の開発元であるecobeeに対する3500万ドルの資金調達ラウンドに参加した。

 この資金調達ラウンドには、AmazonのほかにThomvestとRelay Venturesが参加した。この数カ月前には「Ecobee3」が、人気上昇中のAmazonの仮想アシスタント「Alexa」と連携する初のスマートサーモスタットとなっている。

 今回のラウンドを達成するにあたり、Amazon Alexa担当バイスプレジデントを務めるSteve Rabuchin氏は、ecobeeが「Alexa Skills Kit」の開発に「重要な役割を果たす」と述べた。Alexa Skills Kitは、サードパーティー開発者がAlexaを活用できるようにするオープンソースのツール群だ。

 3500万ドルは、ecobeeの調達額として過去最大であり、これで同社の調達資金総額は5100万ドルになる。


スマートサーモスタット「Ecobee3」とスマートスピーカ「Amazon Echo」
提供:Ecobee

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加