Twitter、テロとの関連など疑われるアカウント23万5000件を凍結

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年08月19日 11時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間8月18日、オンラインでの暴力的な過激主義に対抗する継続的な取り組みの中で、テロリストとの関連が疑われるアカウント23万5000件を凍結したことを明らかにした。

 Twitterは2月、テロリズムとのつながりが疑われる12万5000件を超えるアカウントを2015年半ばから凍結してきたことを公表している。今回の分を加えて、無効にされたアカウントの総数は約36万件になった。

 Twitterはブログで次のように述べている。「(2月の)発表以降、人命を奪う忌まわしいテロ攻撃が世界中でさらに相次いでいる。われわれはこれらの行為を強く非難し、今後も当社のプラットフォームにおける暴力やテロリズムの助長を排除するため取り組んでいく」

 Twitterによると、オンラインにあるテロリストのコンテンツを識別できるような「魔法のアルゴリズム」はないものの、複数のツールを使用し、悪用やテロを助長しているユーザーを特定しているという。アカウントの凍結率は、テロリストの攻撃直後に急増したものを含め、2015年比で80%高まったとTwitterは述べている。

 米連邦判事は先週、イスラム過激派組織ISISを含むTwitterプラットフォーム上のテロリスト集団の活動に対し、同社の責任は問うことはできないとの判断を示していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加