小説「永遠の0」がオーディオブック化--TOKYO FMラジオ番組とのコラボ企画も

佐藤和也 (編集部)2016年08月13日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オトバンクとエフエム東京(TOKYO FM)のグループ会社であるジグノシステムジャパンは、小説「永遠の0」(著者:百田尚樹)のオーディオブックを共同制作。オトバンクが運営するオーディオブック配信サービス「FeBe」を通じて、8月15日から配信を開始する。価格は税込で1728円。

 永遠の0は2006年に刊行された小説。司法浪人生である佐伯健太郎が、フリーライターである姉の佐伯慶子とともに、太平洋戦争の際に特攻で戦死した祖父の宮部久蔵の人生を解き明かしていく内容で、累計発行部数546万部は突破した人気作。映画やテレビドラマ、漫画など多方面に展開している。

  • 小芝風花さん(左)と百田尚樹氏(右)

 オーディオブック版では江口拓也さん、櫻井孝宏さん、豊口めぐみさんといった声優陣に加え、女優の小芝風花さんらも参加。19時間にもおよぶ作品を熱演したとしている。

 なお配信にあわせ、8月15日にはTOKYO FMをはじめとするJFN系列で放送しているラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」において、同番組内「GIRLS LOCKS!」1週目担当でもある小芝さんが出演。パーソナリティのとーやま校長、あしざわ教頭、そしてリスナーととともに戦争と平和をテーマとする内容を放送するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加