logo

「Googleマップ」Android版、「Wi-Fi時のみ利用」やSDカード保存が可能に

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高森郁哉 (ガリレオ)2016年08月10日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、人気の地図ナビゲーションアプリ「Googleマップ」の「Android」版に、3つの新機能を追加した。第1に、設定メニューから、Wi-Fiネットワークに接続しているときだけGoogleマップにアクセスするオプションを選べるようになった。Androidのユーザーで、データ通信料を発生させたくない人や、通信網の対応が不完全な地域で不便な思いをしている人に喜ばれそうだ。

 第2に、オフラインで使用する地図を外部SDカードに保存できるようになった。SDカードスロットを搭載しているAndroidフォンなら、内蔵メモリに保存するか、SDカードに保存するかを選択できる。

 第3に、Googleは経路案内における移動方法の選択肢として、徒歩、自動車、公共交通機関に加え、さらに多くのライドシェアリングサービスを追加した。Googleはすでに3月、Uberの配車を利用して移動するという選択肢を追加している。今回、インドネシアの3都市のユーザーには、GO-JEKを利用する選択肢が表示され、近く他の10都市でも利用可能になる。マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなどの国では、24都市でGrabを利用する選択肢が近く選べるようになる予定だ。この機能は、後日「iOS」版アプリにも提供される。GettHailoMyTaxiのサービスは、アイルランド、ポーランド、イタリア、オーストリア、ロシア、イスラエルで選択できる(Android版とiOS版の両方で対応)。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集