logo

日本エイサー、法人向けにWindows 10 Pro 搭載の2in1タブレット「Switch Alpha 12」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサーは8月2日、法人モデルとして、持ち運びに優れたWindows 10 Pro搭載の2in1タブレット「Switch Alpha 12」シリーズより「SA5-271P-A58U/S」と「SA5-271P-A54Q/S」を8月5日より発売すると発表した。

 Switch Alpha 12シリーズは、ダイワボウ情報システムを通じて販売される。

「SA5-271P-A54Q/S」、「SA5-271P-A58U/S」
「SA5-271P-A54Q/S」、「SA5-271P-A58U/S」

 本体スペックは共通仕様として OSにWindows 10 Pro。CPUにIntel Core i5-6200U プロセッサ(デュアルコア 2.30 GHz)。ディスプレイは、対角30.5cm(12インチ)のQHD(2160×1440)。外形寸法は、高さ15.9mm×幅292.1mm×奥行き201.4mm。重量は約1.25kgとなる。

 両モデルの違いは、システムメモリとストレージ容量にあり、SA5-271P-A58U/Sでは、システムメモリが8Gバイト。ストレージが256Gバイト(SSD)。SA5-271P-A54Q/Sでは、システムメモリが4Gバイト。ストレージが128Gバイト(SSD)になる。

 Switch Alpha 12シリーズは、持ち運びやすさを意識した薄型・軽量の2in1タブレット。通常のファンを使わない独自のヒートパイプ式液冷システム「Acer LiquidLoop」によりファン特有の雑音がなく、オフィスや外出先などで周囲を気にせず使用できる。

 スナップタイプのキーボードは、フルサイズでキーとキースペースが広く、キーストロークも1.4mmと深いためノートPC並みの快適さと効率を実現。また、マグネットにより本体と簡単に分離できるため、ノートPCからタブレットへの切り替えも容易に行える。

 2160×1440ピクセルの高解像度12型ディスプレイは表示領域が広く、最大165度まで角度調整が可能なU字フレームのキックスタンドを利用すれば、プレゼンテーションなどの場で便利に利用できる。

 CPUには、インテル第6世代(Skylake)の「インテル Core i5-6200U」を搭載。また、高解像度の画像表示や給電にも対応するリバーシブル設計のUSB 3.1 Type Cポートを採用した。

 付属のスタイラスペンを使用すれば、議事録やアイデアのメモなどを簡単に手書き可能。強く押しつければ太いラインが、そっとタッチすればヘアラインのような線を描くことができる。なお、Acer Hover Access Support機能により、スタイラスペンのボタン操作だけで、付箋アプリやマイクロソフトのアプリ「Fresh Paint」の立ち上げにも対応する。

 さらに、Windows 10 Anniversary UpdateでWindows Inkが搭載されたことで、スタイラスペン使用時にWindows Ink ワークスペースから付箋、スケッチパッド機能の呼び出しに対応。Windows Inkは、OfficeスイートやMicrosoft Edge、マップなどとも連動しており、これらのアプリケーションからも利用可能だ。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集