パナソニック、“浮遊感”のあるシルバー調デザインの4Kテレビ「VIERA DX800シリーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは7月21日、家具のようなシルバー調デザインの、4K液晶テレビ「VIERA DX800」シリーズとして、58V型の「TH-58DX800」(税別想定価格:38万円前後)と50V型「TH-50DX800」(同:32万円前後)の2機種を発表した。8月26日に発売する。


「DX800シリーズ」

 DX800シリーズは、スピーカ部を本体と分離させることで、ディスプレイ部を薄型化。両サイドのメタルスタンドでディスプレイ部を固定し、浮遊感を演出した。ディスプレイ部のベゼルと両サイドのメタルスタンド、スピーカ部は、シルバー調のデザインで統一。背面にはケーブルカバーを設けるなど、すっきりと配線できる工夫をしている。

 LEDバックライトに新赤色蛍光体を採用した、色忠実再現技術「ヘキサクロマドライブ」により、鮮やかで深みのある赤色を再現。中間色の色合いも豊かになった。「HDR規格」に対応し、映像の明暗差や陰影を、現実に近い明るさと色合いで再現可能だ。

 バー形状のスピーカは、テレビの前、または後ろに置くことが可能。高音域の「ツイーター」2個、中音域の「ミッドレンジスピーカー」4個、低音域の「ウーハー」6個の、合計12個のユニットで構成した「ダイナミックサウンドシステム」で、低音から高音までバランスの良いサウンドを実現した。


合計12個のユニットで構成した「ダイナミックサウンドシステム」

 H.265/HEVC、VP9デコーダを内蔵し、「NETFLIX」や「dTV」、「Amazonビデオ」「YouTube」など、インターネットで配信されている4Kネット動画の再生が可能。デジタル3チューナも搭載し、別売のUSB HDDをつなげば、番組を視聴しながら、2つの裏番組を同時に録画できる。専用アプリ「Panasonic Media Access」をインストールしたスマートフォンやタブレットで、放送中の番組や、USB HDDへの録画番組の視聴も可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加