SIEJA、PS4「GRAVITY DAZE 2」を12月1日発売--「ヱヴァ」のカラーによるアニメ制作も - 7/18

佐藤和也 (編集部)2016年07月19日 20時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 GRAVITY DAZEシリーズの生みの親であり、本作のディレクターを務めるソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)JAPAN Studioの外山圭一郎氏。

 本作の開発にあたり、プロジェクトの構想からおよそ10年が経過するなかで、外山氏のなかでのキトゥンに対する思いもだんだんと強くなっていったという。その思いを背景に、キトゥンの物語に結末をつけるため、そして“やりきる”ことを肝に銘じて取り組むため、タイトルにも「完結編」を入れたと振り返る。

 また、進化した重力アクションを表現するために選んだPS4での開発について「大変な労力がかかったが、スタッフの熱意でボリュームと密度のあるゲームになった」と語った。

 GRAVITY DAZEシリーズの生みの親であり、本作のディレクターを務めるソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)JAPAN Studioの外山圭一郎氏。

 本作の開発にあたり、プロジェクトの構想からおよそ10年が経過するなかで、外山氏のなかでのキトゥンに対する思いもだんだんと強くなっていったという。その思いを背景に、キトゥンの物語に結末をつけるため、そして“やりきる”ことを肝に銘じて取り組むため、タイトルにも「完結編」を入れたと振り返る。

 また、進化した重力アクションを表現するために選んだPS4での開発について「大変な労力がかかったが、スタッフの熱意でボリュームと密度のあるゲームになった」と語った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]