グーグルの次期モバイルOS「Android Nougat」--搭載予定の新機能を再確認 - (page 2)

Sarah Mitroff Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年07月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通知画面から直接返信

 「Android Wear」スマートウォッチから移植されたこの機能を利用すると、通知シェード内から直接テキストメッセージに返信することができる。新規メッセージを受信したら、画面の上部に小さなアラートが表示される。ユーザーはそのアラート内で返事を入力し、それまでやっていた作業に戻ることができる。iOSでは、しばらく前から同様の機能が提供されているが、Androidでも同じことが可能になるのは素晴らしい。

通知のグループ化

 通知メニューが多数の通知で雑然としているなら、この機能が役に立つかもしれない。開発者は、自身のアプリからの通知をグループ化できるようになる。ユーザーは、通知メニュー内でアプリごとにまとまった通知を目にすることになり、まとまりをタップして拡張するとそれぞれの通知を表示できる。

 これについても、iOSの通知メニューに同様の機能があり、ユーザーはそれを手動で有効にしなければならない。この機能がAndroidにも追加されるのは、歓迎すべきことだ。

「Doze on the Go」

 「Android 6.0 Marshmallow」で初登場した「Doze」は、バックグラウンドコンピューティングの実行を停止するバッテリ節約機能で、スマートフォンが使われておらず、完全に静止した状態にあるときだけ有効になる。Doze on the Goも同じ働きをするバッテリ節約機能だが、ユーザーが移動中(例えば、スマートフォンがポケットの中でアイドル状態にあるとき)でも動作するという点だけが異なる。Googleは「Project Svelte」にも取り組んでいる。これは、Androidが必要とするメモリ量の軽減を狙っている。その目的は、最新バージョンのAndroidをさらに多くのデバイス(特にローエンド仕様のデバイス)に導入できるようにすることにある。

「Night Mode」

 Appleの「Night Shift」機能に似たNight Modeの狙いは、夜間に明るいディスプレイを見ることで生じる目の疲れを軽減することだ。Night Modeは画面の色を通常の青みがかった色から黄みがかった色に近づけることで、夜の遅い時間帯に、ユーザーの目への刺激を和らげる。明るさやセピア色の色合いを調整することも可能だ。

新機能はほかにもあるのか?

 われわれは先行披露された多くの機能を見てきたが、それでもNougatの完成版に搭載されるすべての機能を把握しているわけではない。勇敢で好奇心旺盛な人のために、テスト用のベータ版がGoogleの「Nexus 6P」「Nexus 5X」「Nexus 6」と、「Nexus 9」「Pixel C」タブレットの所有者向けに既に公開されている。

Googleの「#NameAndroidN」キャンペーンでは、最新OSの名称案をファンから募った。
Googleの「#NameAndroidN」キャンペーンでは、最新OSの名称案をファンから募った。
提供:Lynn La/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]