「Google Maps」と「Google Earth」の衛星画像が一段と鮮明に

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2016年06月29日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Maps」や「Google Earth」のアプリで衛星画像に切り替えて眺めて、自分の視力がよくなったと思うなら、残念ながらそれは間違いだ。Googleは、両アプリの衛星画像をさらに詳細に、より鮮明なカラーで表示するようアップデートし、提供開始した。

 Googleは、2013年に打ち上げられた地球観測衛星「Landsat 8」を利用して世界の新しい連続写真を構築し、以前の衛星「Landsat 7」を使って取得した写真と置き換えている。

 Googleによると、地図は「1ペタバイト近いデータ」から組み合わされており、総ピクセル数が700兆を超える画像データを精査して、利用に最適な雲のない画像を見つけたという。いずれのアプリでも、改良された新しいサービスを確認できるようになっている。ただし、Google Mapsのメニューで衛星画像(航空写真)に切り替える必要がある。

「Google Maps」と「Google Earth」が高精細化
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加