「iPhone 7」、カメラホールは大きく底部にデュアルスピーカか--仏ブログサイトが写真

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月28日 13時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iPhone 7」は、もし新たに出現した写真が本物ならば、底部にデュアルスピーカを採用し、より大きなカメラを搭載することになるのかもしれない。

 フランスのテックブログサイトNowhereelse.frがiPhone 7の筐体だとして掲載した写真では、標準のオーディオジャックがなくなり、追加のスピーカグリルに置き換えられている。これは、iPhoneがステレオスピーカを初搭載する可能性があることを示唆している。Appleが従来の3.5mmヘッドホンジャックをiPhoneから廃止するのではといううわさが浮かんでは消えている。

 2番目の写真もiPhone 7の筐体とされており、こちらはデュアルカメラレンズの搭載を示している。もし、うわさが正しければ、デュアルカメラは、5.5インチ画面の「iPhone 7 Plus」モデル、もしくは、特別な「Pro」エディションに搭載され、標準の4.7インチ画面のiPhone 7には搭載されない。

 Nowhereelse.frが掲載した別の写真には大きなカメラホールが写っているが、これは、4.7インチiPhone用となる可能性がある。このカメラアセンブリによって、背面からせり出すような突起が生じる結果となっている。

iPhone 7のものとされる筐体の写真では、底部のデュアルスピーカやカメラ用の大きな穴が写されている。
iPhone 7のものとされる筐体の写真では、底部のデュアルスピーカやカメラ用の大きな穴が写されている。
提供:Nowhereelse.fr/Twitter

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加