「序章にすぎない」--Netflixがオリジナルコンテンツでかける本格攻勢 - 7/10

加納恵 (編集部)2016年06月28日 08時00分
 8月12日に配信を開始する「ゲットダウン」は、音楽やダンスを通じて自己を表現しようともがく5人の10代の目を通して描く物語。舞台は1970年代後半のニューヨークで、監督は「ムーラン・ルージュ」「華麗なるギャッツビー」などを手がけたバズ・ラーマンさんが務める。

 会場には、アソシエイト・プロデューサー兼振付師のリッチ&トーン タローガ兄弟が登場。ゲットダウンのジャパン・アンバサダーを務めるEXILEのUSAさんが「当時のダンスをどう再現したのか」と質問すると、「今はインターネットなどもあるが、当時のダンサーに直接聞くことが大切」と丁寧に受け答えた。
Scroll Right Scroll Left

 8月12日に配信を開始する「ゲットダウン」は、音楽やダンスを通じて自己を表現しようともがく5人の10代の目を通して描く物語。舞台は1970年代後半のニューヨークで、監督は「ムーラン・ルージュ」「華麗なるギャッツビー」などを手がけたバズ・ラーマンさんが務める。

 会場には、アソシエイト・プロデューサー兼振付師のリッチ&トーン タローガ兄弟が登場。ゲットダウンのジャパン・アンバサダーを務めるEXILEのUSAさんが「当時のダンスをどう再現したのか」と質問すると、「今はインターネットなどもあるが、当時のダンサーに直接聞くことが大切」と丁寧に受け答えた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]