楽天、中国の越境EC「Kaola.com」に出店--メディア使い消費者に訴求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は6月15日、中国のインターネットサービス企業NetEaseの子会社であるHQG, Limitedと戦略的提携契約を締結したと発表した。

 HQGが運営する越境ECサイト「Kaola.com」内に楽天市場の旗艦店を出店。中国の消費者向けに、日本製の高品質な商品や、美容関連や健康食品といった楽天市場の人気商品を販売する。

 また、日本の楽天市場の売れ筋商品ランキングも紹介予定で、NetEaseの持つオンラインメディアと組み合わせることで、日本の人気商品を中国の消費者に効果的にアプローチできるとしている。取扱商品については、順次拡大予定。

 Kaola.comでは、日本、韓国、米国、オーストラリアやヨーロッパ発の人気ブランド数百点を販売。中国全土で8億人を超えるというNetEaseユーザーが利用可能なプラットフォームとして、急成長を遂げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加