logo

パイオニア、スリムサブウーファとコンパクトスピーカですっきり設置できる2.1chシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは6月13日、パイオニアブランドより、スリムデザインのサブウーファを搭載したコンパクトフロントスピーカシステム「HTP-CS1」(想定税別価格:4万5000円)を発表した。6月下旬に発売する。

「HTP-CS1」
「HTP-CS1」

 HTP-CS1は、2本のフロントスピーカとハイパワーアンプを内蔵したサブウーファによる、2.1ch構成。フロントスピーカはテレビ画面下にも設置可能で、ケーブルを目立たせずに配線できる。サブウーファは縦置きまたは横置きが可能だ。

設置例

 4K映像や3D映像の伝送に対応したHDMI入力端子を3系統備え、著作権保護技術「HDCP 2.2」や「HDR」に対応。Bluetoothおよび高音質コーデック「AAC」にも対応し、スマートフォンなどの対応機器と接続して、音楽やインターネットラジオの、高音質なワイヤレス再生が可能だ。

 「フェイズコントロール」機能に加え、単品コンポーネントの技術者による音質チューニングを施し、高域から低域まで、明瞭で広がりのある、バランスの良い音声を実現。バランスの良い「ステレオ」、声が明瞭な「ニュース」、映画やゲームに適した「映画/ゲーム」、ライブ感のある「ミュージック」など、リスニングモードも搭載した。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集