グーグル「AdWords」広告をめぐる集団訴訟手続き、米最高裁が支持

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2016年06月07日 09時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 広告主らがGoogleに対して起こした訴訟で、米最高裁判所は米国時間6月6日、度同社による上訴を棄却した。

 この決定は、サンフランシスコの連邦裁判所が2015年に下した判断を支持するものだ。これにより本訴訟は、2004~2008年にGoogleの「AdWords」プログラムを利用した多数の広告主を原告とする集団訴訟として手続きを進めることが可能となる。

 2008年に提訴された同訴訟で広告主らは、Googleがオンライン上の広告設置場所に関して彼らを欺いたと主張している。AdWordsは基本的に関連するGoogle検索結果の隣に広告を表示する目的に利用されるが、原告によると、Googleはその旨を適切に通知せずにサードパーティーのサイトにも広告を表示したという。中には、エラーページや望ましくないサイトに広告が表示されたケースもあるとしている。

 この訴訟に関してGoogleからコメントは得られなかった。

 調査会社eMarketerによると、Googleは世界のデジタル広告売り上げで圧倒的首位の座にあり、2015年の全デジタル広告収入の約30%を占めているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加