logo

M・ザッカーバーグ氏、Twitterアカウントなどがハッキングされた可能性

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月06日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月に公開されたLinkedInアカウントの大量のデータダンプには、Mark Zuckerberg氏のログイン認証情報も含まれていたのだろうか。

 ハッカー集団Ourmineは米国時間6月5日、Facebook最高経営責任者(CEO)であるZuckerberg氏の「Instagram」「LinkedIn」「Pinterest」「Twitter」アカウントをハッキングしたと述べた。本稿執筆時点で、Zuckerberg氏の認証済みTwitterアカウントは正常に表示されるようだが、Engadgetは同アカウントが乗っ取られたことを示す複数の画像を掲載した。Ourmineは、Twitterアカウントのフォロワーが4万1000人いる。

 あるツイートで、Ourmineはハッキングとされる行為を誇示し、同集団にコンタクトを取るようZuckerberg氏に呼び掛けている。

 同様のメッセージは、Zuckerberg氏に関連するとされるPinterestアカウントのページにも残されていた。

 LinkedInは5月18日、2012年に受けたデータ侵害でハッキングされた会員1億人超の電子メールアドレスとパスワードの組み合わせが、ネット上に新たに公開されたことを明らかにした。ハッカーらは、同じデータ侵害で盗んだ別の暗号化されたパスワード650万件を、2012年に公開していた。

Facebook CEOであるMark Zuckerberg氏のものと思われるPinterestページに掲載されたメッセージ
Facebook CEOであるMark Zuckerberg氏のものと思われるPinterestページに掲載されたメッセージ
提供:OurMine

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集