logo

サムスン、重さわずか1gの512GバイトSSDを発表

Cho Mu-hyun (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月01日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが重さわずか1gで512Gバイトの容量を備えるPC向けSSDの大量生産を開始したことを発表した。

 同社の発表した「PM971-NVMe」シリーズは、Non-Volatile Memory Express(NVMe)SSDをシングルBGAパッケージに集積した世界初の製品だ。

 このBGA NVMe SSDは重さわずか1gで、サイズは20mm×16mm×1.5mmだが、16個の48層256ギガビットV-NANDフラッシュチップ、1個の20ナノメートル4ギガビットLPDDR4モバイルDRAM、ハイパフォーマンスコントローラなど、すべてのSSDコンポーネントが搭載されている。

 このSSDは非常にコンパクトなので、クライアントはより効果的にPCを設計できるだろう、とサムスンは述べた。

 同社によると、読み込み速度と書き込み速度はそれぞれ最大で1500Mバイト/秒、900Mバイト/秒で、フルHDの映画をわずか3秒でダウンロードできるという。読み込みと書き込みのIOPSはそれぞれ最大で19万と15万で、HDDの1500倍の速さだ。

 同社によると、PM971-NVMe SSDシリーズは512Gバイト、256Gバイト、および128Gバイトの3種類の容量が用意され、6月に発売予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集